*初雪*

先週末(1月27日の土曜日)、ドイツ南部は大雪。
フランクフルト方面でも、ほんのちょっとでしたが、やっと雪積がありました。
例年に比べて、遅い遅い遅い、初雪です。

L1040363.jpg


自宅のベランダで、遊ばせてみた。

L1040345.jpg
初めての雪に、ちょっと戸惑いながらも、軽快に走りはじめる。

「お~い、DIANA~っ!」

L1040358.jpg
へっ?!なに?

耳、立ってますって。

実は、ブリーダーさんに、「こんなに大きくなりました~」と、写真を送ったら、「耳が立ってきてますよ!気をつけてくださいね!」と、叱られました。。。。

別に耳が立っていたって、私は全然構わないし、かわいさには何の変わりもないと思うのですが、立ち耳は、ジャックラッセルテリアの基準から逸れるそうで、ブリーダーさんのところのワンはみんな、ディアナの両親も含め、コンテストで優秀な成績をおさめた立派な犬たちなので、そんな一族の中で、その基準からはずれてしまうというのが、ブリーダーさんとしては、許せないのでしょう。
けど、私は、ディアナをコンテストに出そうとは思っていないしなぁ。。。

L1040340a.jpg
ぺろっ!

L1040338.jpg
雪、そんな美味しいか?

なんだか、今日は、画面真っ白・・・になってしまいましたので最後に。。。

locke_hamm1.jpg
ディアナの父。

そして、

unbenannt.jpg
母。

お父さんそっくりですな~。(でも、確かに耳垂れてるな・・)
スポンサーサイト

ライン河沿い♪

2日目のお散歩は、ライン河沿いへ。
ドイツと言えば、やっぱりライン河!

L1040097.jpg

うちからはちょっと離れるのですが、ディアナはドライブが好きなので、問題なし。

ライン河の近くの駐車場に車を止めたとたん、さっそく車の窓から外を眺めて・・。

L1040126.jpg
う~ん、これがライン河か・・・。

この上の写真、何かわかりませんが、笑えるのです。人間みたい?
しかも、おっさんくさい。。。

この日は、今年一番冷えたかも・・というほどの寒さだったけれど、川沿いの道はやっぱり気持ちいい。空気はもちろん新鮮。

L1040101.jpg
目を細めて、たたずむ。

やっぱりここでも誘惑多し。全然言うこと聞きません。
「ツケ!」には一応反応して寄ってくる。もちろんご褒美目当てですが。
L1040109.jpg
何もらえんのかな~。。。

帰宅後は、疲れてこんななってました。。。

L1040176.jpg
足が長い~!!

次回は、初めての雪!

お散歩デビュ~っ!

1月20日、やっとお散歩デビューしました!

L1040057.jpg

が・・・・。3日目にして、肉球から出血。。。
肉球がまだピンクで柔らかいし、野原での散歩は問題なかったのですが、うちの周りのコンクリートの道は、かわいそうだったかも。

今はもうすっかりよくなって、今日は初めて雪の上を歩いたのですが、まずはデビューの日の話から。

初めてのお散歩は、フランクフルト北部にある大きな公園!

子犬のうちは、体温調節がうまくいかないと聞いたので、かわいい洋服をクマゾウさんが買ってくれました。内側は、フリース。
ちょっと暑すぎるんちゃうん?と思ったりしますが、ここドイツの冬の寒さは半端ではないので、一応服着用で。

家のドアを開けると、颯爽と飛び出していったディアナでしたが、数メートル進んだところにある階段を前に、ストップしてしまう。

L1030875.jpg


L1030972.jpg
ううう・・。助けてくれ~ぃっ!

怖くて降りれません。
やっぱり子犬なんだなぁと実感・・。
リードに繋いでちょっと引っ張ってみたけど、地面に張り付いて、かたくなに動こうとしない。結局この日の階段制覇はなりませんでした・・・。

しっぽがぶるんぶるん。よほど嬉しかったのでしょう。
L1040064.jpg

とにかく何でも、どこでも、匂いを嗅ぐ。
よその犬のう○ちまで嗅ぐ。(やめてー)
L1040066.jpg

子犬といえどもさすが猟犬で、とにかく走るスピードが速い、速い。
写真を撮っても、残念ながらほとんどが、ピンぼけでした。。。

今まで家で狂ったように走り回っていたディアナですが、これで、思う存分ストレス発散できた?

そして次の日は、車でライン川沿いまでドライブ。この日は天気が素晴らしくよかったので、散歩も気持ちよくできたし、写真も綺麗に撮れました。
そのライン川沿いのお散歩は、次回に。

初旅行~黒い森へ!

昨日、待望のお散歩デビューを果たしたディアナ。

でもその前に、まずは先週末に行った、ディアナにとって初めての小旅行のお話を。

先週、ドイツ南部の黒い森地方でちょっとした用事(私の)があったのですが、せっかく週末なんだから、ディアナも一緒に出かけよう!ということになり、行って来ましたよ。一緒に、黒い森へ。
我が家から車で二時間ほど走った、その小さな町の、かわいいホテル

以前にも書いたことがあるような気がしますが、ドイツでは、犬も人間と同じように、電車に乗ることもそうですが、普通のホテルに普通に宿泊することができるのです。

今回も、7,5ユーロの追加で(タダかと思ってたら、一応犬料金とられてました・・って当たり前ですわな。)、ディアナも一緒に黒い森のステキなホテルに泊まりました。

好奇心旺盛なディアナは、やっぱりホテルに着いたとたん、ちょろちょろと探検を始める・・。
やっぱり、旅って嬉しいのでしょうか。しっぽ振れてるし・・。
L1030666.jpg


黒い森地方、その日は快晴でした!
L1030840.jpg
うっ。まぶしいやんか~っ!

部屋から見える庭。さて、ディアナはどこに・・・。
L1030849.jpg
右の隅に、「出してくれ~!」と言わんばかりに、ガラス窓に張り付いているの見えるでしょうか?

スーツケースに乗るな!私の本番の衣装が入っているのに。
L1030775.jpg


でもやっぱり長旅は疲れたのか、その日の夜は爆睡!
L1030686.jpg
あ?後ろで誰かさんも爆睡。。。。

二日目の晩は、隣にあったスペイン料理レストランで食事をしました。
これまたドイツのありがたいところで、レストランも、犬同伴がOKです。
・・・が、ディアナには、まだ難しすぎます。
何がって、私たちが食事をしている間、ずっとおとなしくテーブルの下で伏せをしているということが・・・。

今のディアナに、それはまだ無理。ドイツ人の他のお客さんに、冷たい目で見られること間違いないので、もう少し訓練してからでないと。

なので、食事中は、部屋で一人(一匹)留守番をしてもらいました。
そこらじゅうで、う○ちをしてるんじゃないか・・とか、PCのコードをかじってないだろうか・・とか、ずっと気が気ではなかったのですが、戻ってみると、何を破壊することもなくお利口さんにしていたようで、ホッ・・・。

多分、いたずらをしたとしても、こんな程度だったんでしょう。
L1030782.jpg


でもやっぱり留守番はつかれた~。
L1030694.jpg


お天気は最高に良かったけれど、帰る日の夕方に受ける予定の狂犬病のワクチンが終わるまでは、森を歩くのはお預け・・ということで、残念ながら、ホテルの部屋の中しか自由に動き回れなくてちょっとかわいそうでした・・。
でも、ステキな景色はたくさん見られたし、美味しい空気もいっぱい吸って、ディアナも満足したに違いありません。

その最後のワクチンも、とうとう済んで、はじめに書いたとおり、昨日、無事お散歩デビューしました~!
でも、それはまた次の日記をお楽しみに♪

この、黒い森の旅の詳細は、もうひとつのブログに書いたので、そちらもどうぞ。

おめでとうございます!

L1030468b.jpg

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
今年もディアナ共々どうぞよろしくお願いします。

大晦日から元旦にかけて、夫、クマゾウさんの実家で過ごしました。
もちろん、ディアナも一緒です。
2時間半ほどのドライブも、全く問題なし!

クマゾウさんの実家には、やはり、ジャックラッセルテリアのロミーがいます。
ロミーは、ご覧の通りの美人さん。

IMG_3420.jpg

彼女はなんと、17歳。犬の世界では相当のおばあさんです。

ロミーとディアナとの対面をかなり楽しみにしていった私たちですが、やっぱり予想したとおり、ディアナのお転婆ぶりは、タダモノではなかった。。。

ロミーを見るやいなや、追いかけ回すわ、飛びかかるわ、ロミーを跳び箱にするわ、最後にはロミーが怖がって逃げまくる・・・という展開。
あまりのしつこさに、ロミーもたまりかね、「ワン!」と一喝しましたが、それでおとなしく引き下がるディアナではありませぬ。
こんな攻撃的な子に育てた覚えはないのだが。。。。

終いには、義母の鉢植えから観葉植物を引っこ抜き、じゅうたんに土をドバァ~っと見事にまき散らしてしまいました(汗)。
そのとんでもない様子を写真に収めたいところでしたが、さすがにそれどころではなかった。。

あ~。新年早々困ったディアナです。
本人は、ちっともわかっていない様子・・・。

IMG_3025b.jpg

なんなのよ~。

どこのジャックもこんなものなんでしょうか・・・。

ドイツの年越しは、もう一つのブログで紹介した(昨年の記事ですが・・)ように、とにかく賑やかで大騒ぎになります。一年の中で、この日にだけに許された「花火」をみんなで楽しむのですが、ディアナも一緒に!
大きな音に怖がるかと思ったら、案外平気で熱心に見入るディアナ。その度胸を、私に何%か分けてくれ!笑

L1030232.jpg

そんなこんなで、ドタバタの年越しをしたあと、2日には自宅に帰った私たち。ディアナを連れて4回目のワクチンのため、動物病院へ!
ドイツでは、1月も2日から、もう平日なのです。

今回も、「キィキィキィキィ」と、君はオサルか!ってくらいに泣き叫び、診療室に入ると、今度は「獣医さん大好き攻撃」の始まり。

「落ち着け~っ!!」

毎回こんな恥ずかしい思いをするのかと思うと、動物病院に足を踏み入れるのが、私まで億劫になりますが、いよいよ最後のワクチンが15日。
これで全てが完了です。

「散歩っ!散歩っ!」

待ち遠しいのと同時に、まともに散歩が出来るのかどうか、かなり不安です。

L1030467.jpg

家の中では、↑こんな調子ですが、「つけ!(Bei Fuß!)」で、私の左隣をきちんと歩けるようになりました!
でもな。。。外は見慣れた家の中とは違って誘惑がいっぱいだから・・。

頼むから、いい子でお散歩してください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。