ヴィルヘルミーナは(BlogPet)

ヴィルヘルミーナは、鼻も病気したよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ヴィルヘルミーナ」が書きました。
スポンサーサイト

なんで、置いていったのよ!

先日用事でとある街のホテルに泊まったときのこと。

もちろん、いつもの通り、ディアナも一緒。

ドイツのホテルには、問題なくペットも一緒に泊まれるのが嬉しいところ。

でも、朝食に一緒に連れて行くのはちょっと気が引けて、ほんの20分くらいの間、ホテルの部屋で留守番をしてもらうことにしました。

たった20分です。

朝食を終えて部屋に戻ってきたら、こんな調子で迎えてくれました。

(右ボタンクリックで再生。音量〔=ディアナの叫び声〕に注意!)



家では、10時間近く一人で留守番出来たこともあったのですが、ホテルは、やっぱり家みたいには行かないようだ・・・。

家でもいつもそうですが、私たちを見つけて最初は喜んでるのかな~と・・・。
「帰ってきてくれてありがとう!」

しかし、次第にそれは怒りに変わっていく・・・?
「こらぁ!なんで置いていってん!!」

という気がします。

6ヶ月のお誕生日

今日でディアナも、まる6ヶ月。

L1080253.jpg

歯もほとんど抜け替わり、体重は、3970グラム。
まだ4キロに達していない、スリムな体型ですが、元気とわがまま度は、犬一倍!

こんな、凄まじい顔もするけど。笑
IMG_0411.jpg


こんな、ナマズみたいな口ひげが生えてきたけど・・。笑
IMG_0469.jpg


相変わらず、タコには目がないけど。笑
IMG_1374.jpg


ヨーグルトが、顔についてるけど。笑
L1080116.jpg


野原を・・
IMG_1384.jpg


畑を・・(え?いいのか・・怒られるって。。。)
IMG_1323.jpg
自由に駆け回る姿を見ていると私まで嬉しくなってしまいます。

走るスピードも、一段と速くなった・・・(付いていくのがしんどい・・笑)
IMG_1357.jpg


私たちがご飯を食べている間は、いつもここで後ろから恨めしそうに見ている、その顔つきも・・
IMG_0101.jpg
ちょっとだけ大人びた。

多少言うことを聞かないというのはあるけど、病気も怪我もせず、なんの問題もなく半年のお誕生日(?)を迎えることができました。

おめでとう♪

L1080251.jpg
どーもー。
(鼻の下の毛が黒くて、チョビ髭みたいだけど・・・。)

森へ!

ドイツには、森がいっぱいある。
それは、どれもかなり広い。深い深い森。
南ドイツの黒い森は有名だけど、それ以外の地方にもたくさん。

今日は、ディアナにとって二度目になる森のお散歩。
といっても近所の森なんですが。
それでも、やっぱりどこまでも続く終わりの見えない小道は、一人で歩くにはちょっと怖いかも。。。。

L1080024a.jpg

一時間強ほどぶらぶら・・
とはいきませんな・・。走る走る。

L1080031a.jpg

走る~っ!

L1060692b.jpg

森を散歩していると、ディアナが妙に森に馴染んでいるのに気付く。
なんだか森がとても似合っていませんか?

L1080066a.jpg
(ディアナがどこにいるか見えますか~?)

猟犬の本能をまざまざと見せつけられた気分。

L1060672b.jpg


L1060666b.jpg

やっぱりまだどう見ても子犬なので、「かわいいですね。」とは言ってもらえるものの、散歩中にすれ違う人々には、「ワイルドですねー!」と声をかけられることも多々あり・・。
褒められてるのか何なのかわからない。

森には馬糞もいっぱい落ちていました。。。。。(さすがに写真は撮ってません。)

毎日ここでお散歩出来るといいけど、ドイツはここのところ不安定な気候が続いているので、なかなか難しいです。

リードをはずしたら森の奥へ迷い込んでいきそうな勢いだった。。。それに、ドイツでは、ノーリードは基本的に禁止されているので(ほとんど誰も守っていないけど・・)、ちゃんと繋いだままでしたが。

L1080027a.jpg


実は、先日は、北ドイツ、最北端の都市、キールという、港町にディアナと一緒に行って来たのですが(用事で・・)、かなりの長距離を、なんの問題もなく、がんばってついてきてくれました!
その様子は、また次回に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。