不死身の薬草??



こちらは、秋も深まり、いつもの公園の並木道も落ち葉でいっぱい。

IMG_0341a.jpg

こうやってみると、ディアナってめちゃくちゃ小さいな~。
どこに居るか見えますか?笑

この写真は数日前のものですが、今日の散歩では、もっと紅葉が進み、
場所によっては、もう冬?みたいな姿の木々もありました。
あー、願わくばこのままの気候で止まっておいてもらいたいけど。
寒くてくらい冬が、もうそこまで来ているのを、嫌でも実感。

さて、今日のタイトル・・・なんとも怪しいですが・・・
実はちょっと前、ディアナが珍しく体調を崩していました。
丸2日間、全く何も食べないし、水も飲まない・・。
もちろん元気もなく。

あんまり過保護にするのが嫌で、お医者さんには出来る限り
行かないようにしていたけど、さすがに、これは変!

近くの病院へ行って事情を話し、抗生物質を注射してもらいました。
しかし、それでもよくならず・・。
次の日は土曜日だったので、別の町の大きなクリニックへ。
レントゲンを撮ってもらったところ、胃が荒れていたとか。

引っ越しして環境が大きく変わってしまい、ストレスを感じていたのかも。
案外繊細なディアナです。

近所の獣医さんには、エサ指導を受けました。

実は、そのちょっと前にも、熱を出して先生にお世話になったことがあって、
もうちょっ体を強くしなくては・・・と。

そうか、体弱いのか・・・ディアナ。気だけは異常~に強いんだけど。

あんまり神経質にならず、ブリーダーさんに言われたとおりの
どこにでもある(日本にも)普通のドッグフードをあげていましたが
その先生によると、「それ、よくないわよ・・」

げげげ・・・。

そんなこんなで先生から薦められたのが、このフード。

IMG_0150a.jpg

不死身の薬草入り!

怪しい・・・。笑

まぁなんてことはない、身体によいと言われているJiaogulanという名の薬草が
配合されているからなのですが。

日本語では何というのでしょうね・・。

身体によさそうなのはもちろんなんですが、これ、ものすごく美味しいらしい。
ウサギ、七面鳥、鳥獣、鮭、鴨、ニンジン、果物、などが入っていて、
面白いのは、タピオカ、バナナ、それから、アルファルファとか、スピルリナ、緑茶まで。

そりゃ美味しいわ。

このフードを目の前にすると、今までにないくらい、大興奮するディアナです。

それと、獣医さんに言われたこともう一つ。
「人間が食べるものもたまにはあげてください。ソーセージとか・・」

え?ソーセージあげていいんですか?

日本のサイトなんかを見ていたら、人間の食べ物をあげるのはよくない
と書いてあるのがほとんどなので、ちょっとビックリです。
まぁ、ここはドイツ。日本で日本の空気を吸って暮らすワンコたちとは
違っても当たり前なのかもしれません。

確かに、食に関しては、毎日フードとおやつ少々をあげるくらいで、
ちょっと厳しくしすぎていたのかも。
そのせいで、身体そのものが弱く育っていたのかもしれないです。
七つ子の一番下だったし、もともと体も小さかったからなー。

しかし、この不死身の薬草入りフードで、あっと言う間に、また、
元通りの元気なディアナに。付け加えると、生意気で態度のデカい。。笑

IMG_6744a.jpg
私、不死身ですから~っ!!

でもソーセージは、さすがにあげていない。
ほんとにあげていいの?
先生が見せてくれたソーセージですが、もちろん、パックに入ったようなものではなく、
肉屋さんに売っている、腸詰めにされた、フレッシュで美味しそうなものでしたが。


***************追記****************

フードを知りたいという方が多かったので、
ここに不死身の薬草フード(?)のリンク貼っておきます♪
ドイツ語だけど・・・。

Bestes Futter

ディアナが食べているのは、この中のFenrier Spezial というものです。

Comment

不死身の薬草入りのドッグフードはなんていう名前なんですか~。

ワンコの食べ物はいろいろありますよね。
日本でもフードをすすめない先生もいますし、ちょっとした手作り食ブームでもあります。
(それでもフードが主流ですが。)
うちはフードは挙げていないんですが、オーガニックのフードとかもあるみたいですよ~。

そうそう、私もジャックだし気が強いし、体も強いだろう…と勝手に思っていたのですが、
そうじゃないことがだんだんと分かってきました(笑)
ディアナちゃん元気になってよかったですね!


ゆいさんへ
ジルちゃんは、ドッグフードじゃないんですね。
日本では、手作りが流行っているというの、どこかで読んだことがあります。
最近、ドイツのフードが、日本によく輸出されていると言う話も聞きますが、どれなんだろう・・。このフードも、ドイツのもので、でも、これはまだ日本には入っていないと思うのですが・・。
Bestes Futterというところが作っている、Fenrier Spezialという名前のフードです。これには、穀類がいっさい使われていないそうです。パッケージも、ふつうの透明のビニール袋に、原材料と栄養分の表示のシールが貼ってあるだけの、いかにもドイツ!という質素な感じ。笑

オーガニックに関しては、ドイツの得意分野なので(笑)、ネットでもたくさん見かけるのですが、ディアナのブリーダーが、あんまり気にしないタイプの人で、わたしも、ディアナが喜んで食べてるんだったら何でもいいや~と気楽に考えてました。。。案外弱いところもあってびっくりです。
過保護になりすぎるのもどうだかなと思うけれど、わたしは構わなさすぎたみたいですね。e-263
気をつけてあげなくちゃダメですね。
すごい!不死身の薬草ってどんなのでしょう。
確かに怪しいかも…(笑)
でも本当に(まだ疑ってる^^;)効くなら絶対食べさせてあげたいフードですね。でもその中身を読んでるだけでも食べ応えが充分ありそうですけど。
ただ家の子ビーグルなんで昔の血が騒いでウサギに反応したりして…

それにしてもソーセージOKって免疫をってことなんですかね?荒療治って言葉もあるくらいだし。以外と人間が心配するほど弱くなかったりするんですかね~
でも確かに近所のおばあさんとかに食べちゃいけないものとか言うと不思議がられます。昔は何でもあげてたわよ~って。聞いてると今は絶対にダメって書いてあるようなものでも普通にあげてたみたい。それでも15才くらいまで生きてたらしいですから。もしかしたら気にし過ぎも良くないのかもしれませんね。
ディアナちゃんホント良くなってくれて良かったですね^^☆
レモママさんへ
不死身の薬草っていうと、ほんとに怪しく聞こえますが(笑)、Jiaogulanは中国に昔からあった薬草なんだそうです。しかし不死身というのは言い過ぎですよね。笑

そうそう、免疫です!免疫が無さ過ぎて、ときどき体調を崩していたみたいなのです。
ディアナも、レモンくんと同じく猟犬だから、このフードに入っているウサギに反応しているのかも!近所の公園にも野生のウサギがいっぱいいて、興奮しどおしなのです。v-356

そのおばあさんがおっしゃっていること、わかります。思うに、最近の人間用の食べ物は昔と違って、人間にとっても体によくないものが入っていたりするから・・。手作りされている方は、きっと材料にもこだわって作っていらっしゃるんでしょうね。
でも、わたしは当分は不死身の薬草入り・・で満足しておきます。笑
このドックフード、なんか真っ黒いウンチがでそうなかんじですねえ!(汚い話でごめん)
でも、やっぱソーセージってのはねえ...
塩分が多すぎるような気がするなあ。
犬用のビーフジャーキーとかでいいような気がするけど...

でもディアナちゃん、よくなって本当に良かった!!
  • 2008/10/06 15:13
  • Aちゃん
  • URL
Aちゃんへ
いつもありがとう。

お察しの通り、真っ黒e-283が出ますよ~。ころころのね。
元気になって、今度は、食べても食べてもずっと食べるもんくれ~!とせがんでくるので大変。さっき食べたとこやろ?痴呆症か・・・ってね。笑

しかし寒いですね。10月になったら入ると思っていたHeizungが未だ機能せず、これはいくらなんでもおかしい!と、大家に手紙を書いたけど、何の返事もナシ。Urlaub中かもしれない・・。今度は人間が病気になりそうです。e-448
わたしもこの不死身の薬草食べたほうがいいかもね・・。
私もこのフード、気になります。イタリアでは売っていないと思うけれど・・・。
私も最近は食べ物がいろいろと気になってきて、でも神経質になるのもいけないと思ったりもしています。
健康で長生きして欲しいですからね!
ソーセージ、さすがお国柄ですね・・・。
ゆんこさんへ
ゆんこさんも手作りされているのですよね。
手作りご飯もちょっと興味があります。
考えてみれば、もともと昔は、ドッグフードなんかなくって、人間が食べるものをあげたりしていたんですものね。
それに、かわいいレビンくんのためならなんでもしてあげよう!ってなりますよね♪
獣医さんも、このフードと人間の食べ物とをコンビネーションしてあげてください・・とおっしゃってました。

>ソーセージ、さすがお国柄ですね・・・。

ホント、今気付きました。笑
なるほど、ソーセージか・・なんて当たり前のように指示を聞いていましたが、確かにドイツならではなのかもしれません。v-306
ディアナちゃん、元に戻ってよかった。
いつも元気なだけに急にそんなことになったら心配になりますよね。
そういうときほどお願いしゃべって、と思います。
ドイツからのフードだとBoschというのをよく見かけますよ。

私も丈夫だってだけでジャックを選んだので、信頼できると思うドッグフードを見つけたら
あとはそれをあげているだけでした。
最近になってかゆがったりするようになってきて、
食べ物とか環境とか見直しています。
過保護とか清潔過ぎとかもいやなので、力まずできる範囲で、
免疫・対抗力のある、病気や老化の起こりにくい体にしてあげられるよう
勉強中です、楽しんでます。
ディアナちゃんもこれからもっといろんな種類の食べ物をもらえるようになって
嬉しいかもしれませんね。
こたさんへ
ドッグフードのBosch・・こちらではあまり聞かないですが、あの、有名なドイツの会社、BOSCHとは関係ないですよね。

時々、こちらではあまり知られていないドイツ製品が日本で売られていたりするのが、面白いなぁと思います。

そうそう、過保護は避けたいですよね。
ちったくんものびのび育ってる様子でなによりです。免疫力については全く盲点になっていました。病気の時でも元気に見えるというのも困りものですね。笑

確かに、今まで同じものばかり食べていたのが、最近色々もらえて、ご飯が今まで以上に楽しみで仕方がないようです。舌が肥えて、ある意味困っていますが、元気でいられるのがやっぱり一番ですね。人間も犬も!
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。